ご内覧予約のダブルブッキング再発防止のため作業のルール化を行います

起こってしまった原因

内覧日の調整は私が行っているのですが、本日内覧ご予約のダブルブッキングをしてしました。そのため、お客様にはお約束していた時間から3時間もお待たせしてしまい、会社のみなさまにも急遽移動していただいたり、費用明細もお立ち会いの合間に作成していただいたりと予定外の動きをお願いすることとなり、多くの方にご迷惑をおかけしてしまいました。

今回なぜこのようなことが起こったのか原因を考え、書き出して頭の中を整理。

原因は、

  • LINEで日時の調整をした後、すぐにカレンダーに予定を入れなかった
  • 内覧の予約が入る→内覧当日までの手順を自分の中できっちりルール化できていなかった

この2つです。

ルールに沿って進めることで、抜けがないようにします。

二度と繰り返さないために

  • 内覧の予約が入ってから内覧当日までの流れのルールを作る
  • チェック漏れのないようチェックリスト(紙)でも保管しカレンダーとダブルでチェックする

ルール化し、それに沿って毎回同じ作業を繰り返すことで、抜けがないように徹底します。

私はトラブルが起きて焦ると、冷静さを失い優先順位の判断ミスをしてしまうことが多いです。急ぎながらもひとまず落ち着き自分のすべきことを書き出す。そして、どの順番で進めるべきかの正しい判断ができるように気を付けます。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。