前川さんの偉大さを改めて実感した日

ある物件をお調べしていたら気付いたこと

今日もいつもどおり出勤してまず、お客様からのLINEでお問い合わせいただいた物件が、ゼロ仲介でご紹介できる物件かどうかをお調べする作業からはじめました。

とある物件をレインズ(不動産情報ネットサービス)で探していたところ、物件の住所も価格も土地面積も一致。これだ!と思っていざ図面を開いてみたら、間取り図がお客様が送ってくださっていた物件と若干ちがうことに気が付きました。
レインズの資料とSUUMOの画像を見比べてみると、同じ「2号地」でも間取り図と物件の区画図が少しちがいます。

「同じようで同じ物件じゃないのか?」
謎は解けず、自分では無理だと思い、前川さんに相談してみました。

行きづまった私の救世主

前川さんもはじめは、SUUMOの間取り図が間違っているのでは?と考えたりもしてらっしゃいましたが、 さすが前川さん。 レインズとSUUMO両方の区画図にある道路のかたちを見て、お客様が送ってくださった物件は、レインズに載ってある物件の2件となりの分譲地であることを突きとめました。

まさかそんなところを見て物件を特定できるとは思っていなかったので、本当に驚きました。
名探偵のような推理で、とてもかっこよかったです。(今日のハイライト!) 区画図をそこまでよく見ておく習慣がなかったので、今日はとても勉強になりました。

この記事を書いた人

小牧 映菜