スケジュールを管理することの意味

今日のスケジュールを決める

今日からまた寒くなりましたね。

今日はいつも隣りにいらっしゃった前川さん(@groundmaekawa)はおらず、久しぶりにひとりで事務所に出勤しました。
前川さんからチャットで指示をもらいながら作業を進めていくことになりましたが、まずはじめに今日1日の自分のスケジュールを立てるように指示してくださいました。

スケジュールを立てることって簡単そうに思えますが、これが意外と難しく、この作業にはどのくらいの時間が必要か、自分1人でやる作業はいつもどのくらいの時間がかかっていただろうか、などを考えると、いまの私が1日にできることってこんなにも少ないのかと思いました。

共有することで得られること

また、入力した自分のスケジュールを会社の皆さんにも見えるように設定しました。
自分だけのスケジュールを管理するだけでなく、他の皆さんのスケジュールを見れると、今日は○○さん外出しててパソコン触れなさそうだな とか、いま○○さん忙しそうだな とかが分かってきます。
すごく状況が把握できて仕事がやりやすい、ということが分かりました。

全員のスケジュールを把握できるということは、社員の数が少ない会社のメリットだと思うので、今後皆さんと連絡を取り合うようになったら、カレンダーでのスケジュール確認を徹底していきたいと思いました。

この記事を書いた人

小牧 映菜