不動産の知識なしではダメ

不動産の知識なしには厳しいと実感

今日もお問い合わせ返信を中心に作業させていただきましたが、住宅ローンのご相談や、気になる物件に関するご質問など、様々なお問い合わせがございました。

もちろん私の知識だけではお答えできるはずもなく、私以外の皆さんから教えていただいております。
ですが、今日はその教えていただいた内容・言葉を、私が少し理解できないということがありました…。

お客様に返信する立場で、あまりに無知すぎるのは良くないと深々と感じました。

まず自分でとことん調べる

ただ教えていただいたことを返信するだけでは意味がなく、その言葉の意味や仕組みを理解する必要がありますね。

そのためにも、まず自分で調べる。それでも分からないところに関しては他の皆さんに聞いて、聞いたことは必ずメモをする。この習慣を徹底することにします。
そして、お客様から聞かれたことではないとしても、気になった点・用語があれば、忘れる前に自分で調べてみて納得・理解することも大事ですので、今後もっと不動産について勉強していきたいと思います。

この記事を書いた人

小牧 映菜