ノートに書くことの意味

久しぶりにノートとペンを持った

今日は、1週間ぶりに前川さん(@groundmaekawa)のお宅で一緒にお仕事させていただきました。(あと数回しかお会いできないと思うと悲しい・・・)

今日は前川さんに新しく教えていただいたことがたくさんありましたので、久しぶりにペンを持って、一生懸命ノートにメモしました。直接前川さんからやり方を教えていただけるので、すぐに覚えられる作業に感じてしまいますが、実際一人でやるとなったとき、あれ、どうだったっけ?ってなる気がする。
書くことを惜しんではいけないなと思いました。

書くだけではダメ

ですが、ただ書いただけでは全然意味ないですよね。
その書いた内容を見返すこと、そして次やるときにノートを見てスムーズに出来るかどうかが大事。
今日はたくさんのことを書きましたが、「書いたその日」、そして「定期的に」、ノートにまとめた内容を読み返すという作業もしていこうと思いました。

ノートに書くということが少なくなってきた時代ですが、自分で書いてノートにまとめるということもまだまだ意味のあることだと私は思います。

この記事を書いた人

小牧 映菜