当社の物件への購入申込みについて記載しております。

ルールがいくつかございますので、ご確認ください。

お客様と事前に共有お願いいたします。

申込み条件

【ルール1】メールのみで受付け(FAXでの送付不可)

購入申込書はメールでのみ受付しております(FAX不可)。

全物件共通、下記メールアドレス宛てに送付ください。

買付証明書(購入申込書)送付専用メールアドレス

comi@ground-es.com

【ルール2】申込みは内覧会への参加後のみ

買主が一般のお客様・不動産業者にかかわらず、購入の申込みは内覧会への参加後のみです。

例えば、初回の内覧会参加前など内覧会への参加をしないままの申込みは一切申込みを受けておりません。

「内覧会参加前(内覧会に参加していない状態で)に購入申込書を送ってもいいですか?」と質問いただきますが、受付せずに無視します

内覧会へご参加ください。

【ルール3】申込書(買付証明書)は弊社指定

物件の申込みは弊社指定の申込書でお願いいたします。弊社指定の申込み書(買付証明書)以外はお受け取りしておりません。

申込み書(買付証明書)は当該物件資料一式に同梱しております

*LINE友だち追加後、当該物件の「②広告承諾申請」ボタンから手続きください

【ルール4】申込みは事前審査承認書(フラット35利用の場合は本承認書)とセット

買付証明書は、銀行事前審査書類(フラット35利用の場合は本承認書)とセットでの受付になります。口頭の承認ではなく、承認書が必要です。

銀行事前審査の承認書は当該マンションでの事前審査承認書のみでの受付になります。他物件での事前審査承認書では受付いたしませんので、よろしくお願いいたします。

事前審査承認(フラット35利用の場合は本承認)が出ていない状況で申込みしていただいても、買付証明書の受付をいたしませんのでご了承ください。

上記は、現金の場合は関係ありません。
現金の場合は預金残高の証明書などエビデンスを併せて提出ください。

例)申込みいただく場合の必要書類

  • 買付証明書のみの提出 
    → お断り
  • 買付証明書+事前審査承認書 
    → 申込み受付
  • 現金の場合は、買付証明書のみの提出(場合によってはエビデンスの提出) 
    → 申込み受付

【ルール5】同一日の申込みはすべて同順位

00:00-23:59までは同一順位。

同一日の買付証明書には一番手・二番手の区別はありません。

別日の買付証明書は順位付けあり(後順位になります)。

例)同一日に複数の買付証明書を受け取った場合

① 4月1日13時 A社のお客様の買付証明書
② 4月1日21時 B社のお客様の買付証明書

を弊社が受け取った場合、①②どちらも同順位(いわゆる1番手)です。

【ルール6】同一順位の買付が複数あれば売主が買主を選ぶ

ルール5のとおり、同一日に複数の申込みがあった場合は、売主が買主を選びます。
値交渉について買い上がりなどの連絡をこちらからすることなく、お断りすることもございます(この場合『他の方の買付を選んでいる』ということです)。

例)物件価格2800万円で「同一日」に買付を受け取った場合

① 4月1日13時 C社の2,700万円の買付証明書
② 4月1日21時 D社の2,800万円の買付証明書

が弊社に届いた場合、①②の両方とも買付証明書を売主へお渡しします(同日なので順位付けなし)。

仮に売主が②21時の2,800万円のD社を選んだ場合、①13時の2,700万円のC社へは買い上がり提案の連絡はなく、いきなりお断りのご連絡をいたします。

例)物件価格2800万円で「別日」に買付を受け取った場合

① 4月1日13時 E社の2,700万円の買付証明書
② 4月2日21時 F社の2,800万円の買付証明書

上記で弊社に届いた場合、両方の買付証明書とも売主へお渡しします。

仮に売主が② 4月2日21時 F社の2,800万円の買付証明書を選んだ場合、① 4月1日13時 E社の2,700万円の買付証明書へは買い上がり提案の連絡をいたします。

①E社のお客様が買い上がりをする場合 → ①E社のお客様に(2,800万円)
①F社のお客様が買い上がりをしない場合 → ②F社のお客様へ(2,800万円)

満額で複数申込みが入った場合、

  • その他条件
  • 引渡し期日
  • 手付金額

などを総合的に比較して売主が買主を選びます。

*選ばれなかった場合の理由はご説明しておりません

【ルール7】申込み後(契約前)は物件の再内見はできません

申込み後、契約までに再内覧を希望される場合は、必ず商談解除となりますので、ご了承ください。

申込み後は物件の再内見はできません。
そのため、購入申込み後売買契約前に再内見を希望の場合は、一度商談解除(2番手がいる場合は順番が後順位に変更)になります。

次回内覧会で再内覧後に再度申込み書を提出ください。

【ルール8・例外】不動産業者様が買取を検討される場合

不動産業者様が当社媒介物件の申込み・購入を検討されている場合(買取など)は、仲介会社を挟まずに直接内覧会へ参加・直接購入申込みをいただいただいたほうがスムーズかもしれません

*不動産会社様の買取の場合も上記のルール1-7の例外はありません。

*買取の場合でも購入申込みは内覧会に参加後の受付のみです(事前に送付いただいても受付いたしません)

買付証明書(購入申込書)送付専用メールアドレス

comi@ground-es.com

見込みのお客様がいらっしゃったら

内覧日までにリフォーム費用を含めて、事前審査をしておいていただければと思います。

当該物件で事前審査をすでに済ませて、購入するつもりで内覧会へ参加されているお客様(と不動産業者様)はたくさんいらっしゃいます。

リフォーム費用は、写真・動画から概算費用額を算出して、事前審査をしておいていただけたらと思います。

事前審査に必要な書類は物件紹介ページにございますので、LINE友だち追加後手続きに従って、ダウンロードして事前審査にお使いください。

物件の広告
物件の内覧
販売状況・物件の質問
物件申込み
よくある質問