物件の申し込みについて

申し込み条件

購入申込書はメールでのみ受付しております(FAX不可)。

各物件情報ページ内に記載されている送付先メールアドレスをご確認ください。

事例をいくつか書きましたのでご確認ください。

申し込みのルール1 申込書(買付証明書)は弊社指定

物件の申込みは弊社指定の申込書でお願いいたします。弊社指定の申込み書(買付証明書)以外はお受け取りしておりません。

申込み書(買付証明書)は物件情報ページからダウンロードお願いいたします。

申し込みのルール2 同一日の申し込みはすべて同順位

00:00-23:59までは同一順位。同一日の買付証明書には一番手・二番手の区別はありません。

別日の買付証明書は順位付けあり(後順位になります)。

例)同一日に複数の買付証明書を受け取った場合

① 4月1日13時 A社のお客さんの買付証明書
② 4月1日21時 B社のお客さんの買付証明書

を弊社が受け取った場合、どちらも同順位(いわゆる1番手)です。

申し込みルール3 同一順位の買付が複数あれば売主が買主を選ぶ

同一日に複数の申し込みがあった場合は、売主が買主を選びます。値交渉について買い上がりなどの連絡をこちらからすることなく、お断りすることもざいます(他の方を選んでいる、ということです)。

例)物件価格2800万円で「同一日」に買付を受け取った場合

① 4月1日13時 C社の2,700万円の買付証明書
② 4月1日21時 D社の2,800万円の買付証明書

が弊社に届いた場合、①②の買付証明書とも売主へ伝えます(同日なので順位付けなし)。

仮に売主が②21時の2,800万円のD社を選んだ場合、①13時の2,700万円のC社へは買い上がり提案の連絡はなく、いきなりお断りのご連絡いたします。

例)物件価格2800万円で「別日」に買付を受け取った場合

① 4月1日13時 E社の2,700万円の買付証明書
② 4月2日21時 F社の2,800万円の買付証明書

上記で弊社に届いた場合、両方の買付証明書とも売主へお渡しします。

仮に売主が② 4月2日21時 F社の2,800万円の買付証明書を選んだ場合、① 4月1日13時 E社の2,700万円の買付証明書へは買い上がり提案の連絡をします。

①E社のお客さんが買い上がりをする場合 → ①E社のお客さんに(2,800万円)
①F社のお客さんが買い上がりをしない場合 → ②F社のお客さんへ(2,800万円)

申し込みのルール4 申し込みは事前審査承認書(フラット35利用の場合は本承認書)とセット

買付証明書は、銀行事前審査書類(フラット35利用の場合は本承認書)とセットでの受付になります。口頭の承認ではなく、承認書が必要です。

事前審査承認(フラット35利用の場合は本承認)が出ていない状況で申込みしていただいても、買付証明書の受付をいたしませんのでご了承ください。

上記は、現金の場合は関係ありません。

例)申し込みいただく場合の必要書類

  • 買付証明書のみの提出 → お断り
  • 買付証明書+事前審査承認書 → 申し込み受付
  • 現金の場合は、買付証明書のみの提出 → 申し込み受付

見込み客がいらっしゃったら

内覧日までにリフォーム費用を含めて、事前審査をしておいていただくのがいいかと思います。

リフォーム費用は、写真・動画から概算費用額を算出して、事前審査をしておいていただけたらと思います。

事前審査に必要な書類は物件紹介ページにございますので、LINE友だち追加後手続きに従って、ダウンロードして事前審査にお使いください。

その他についてはこちらを確認ください

物件の広告

物件の内覧

販売状況・物件の質問

物件の申込み

よくある質問