岐阜市のマンションの売主との電話の報告を受けて考えた

YouTubeからの問い合わせ

火曜日に問い合わせがあった岐阜市のマンションの方と本日室田が電話で話した内容を報告受けました。
問い合わせのきっかけは 「YouTubeを見て」だったそう。売却を検討しており色々調べていたら弊社の YouTubeチャンネル「売る仲介チャンネル」にあたったとのこと。

最近、YouTubeきっかけで売却の依頼をいただくことが多くなりましたが、温度感としては「いつも見てます!」と言ういわゆるアツい感じの問い合わせが多かったように思います。
室田は電話で話しただけですが、今回のお問い合わせの売主の印象は少し違ったようです。

分析してみた

分析してみると、弊サービス「売る仲介」に売却の依頼をいただく方は大きく分けて2つに分類できるような気がします。仕組みに惹かれた方と、弊社に愛着を持っていただいている方(もちろん両方、という方もいます)。

この2つはまったく別ではなくて、コインの表裏のような関係だと思っているのですが、弊社への問い合わせの動機は現状このどちらか(もしくは両方)であることは間違いありません。
サービスサイトとYouTube動画を掛け合わせて、両方からもっと問い合わせをいただけないかを考えた1日でした(もう思いついたので実行してみます)。

この記事を書いた人

鈴木 宏治

株式会社グラウンド代表取締役。ゼロ仲介 / ゼロ仲介チャンネル / ゼロ仲介のかうまえブログ / 売る仲介 / 売る仲介チャンネルとかやってます。漫才とHIPHOPとうどんが好きです。