チャンネル内の動画のパターンを増やす

室田からの報告をもとに考える

今日も終日リモートワークです。8時間ぐらいパソコンの前におりました。考える時間が長かったこんな日は、生産性がなかったように感じてしまうのが不思議です。
昨日の室田からの報告を受けて、「売る仲介チャンネル」のチャンネルの方向性・動画の企画を考えていました。現在チャンネル登録者数は1,100人ほどですが、ありがたいことに売却の依頼をYouTube 経由でいただきはじめています。売却の依頼の数、依頼の濃さをもっと上げることができないのか。

僕は、何かを考える時はPCでマインドマップ、ノートに手書き、会社ならホワイトボードに書くなどあらゆる方向でアウトプットをします。それを最終的にまとめていくわけですが、今日は家なのでノートとマインドマップを眺めていました。

チャンネル運営の目的は問い合わせをいただくこと

売る仲介チャンネルは、その時点で2年運営していたゼロ仲介チャンネルでの方法論を下敷きにチャンネル運営を始めました。手探りで始めわけですが、1年ほど運営している今、問い合わせをいただけてるということは嬉しい限りです。修正を繰り返しながらでしたが、方向性が合っていたのでしょう。

現在のチャンネル運営の目的は、売却の依頼せをいただくことです。1日考えた結果、動画内で出している2パターンの動画以外にプラス2パターン追加して合計4パターンの動画を出してテストしてみようと思ってます。チャンネル登録者数は伸びなくても(伸びて欲しいけど)、問い合わせをいただけるチャンネルになりますように。

この記事を書いた人

鈴木 宏治

株式会社グラウンド代表取締役。ゼロ仲介 / ゼロ仲介チャンネル / ゼロ仲介のかうまえブログ / 売る仲介 / 売る仲介チャンネルとかやってます。漫才とHIPHOPとうどんが好きです。