お問い合わせ担当がお客様に名前を覚えてもらえている

2ヶ月間ほど密にやり取りしたお客様

今日は新築一戸建てお引き渡し前の建物確認のお立ち会いで川西へ。
こちらのお客様は弊社のことを怪しんでいた旦那さんを、ゼロ仲介の運営しているコンテンツを駆使してがんばって説得してくださったので、絶対に立ち会いは私が行きたいと思っていました。
前川の日報ブログも見つけてくださり、これも説得材料の1つとして使ったとLINEで教えていただいたとき本当に嬉しかったんです(日報ブログ読みました、はまじで嬉しい)。

LINEでやり取りしている間に勝手に親近感を持っていたので、お会いできたときめっちゃ感動。たくさんお話できて楽しかったです。
お引き渡しまであと少し。新居へのワクワク感がこちらにも伝わってきて、お力になれてよかったなと心の底から思いました。ゼロ仲介を選んでくださり本当にありがとうございました!

前川ですと名乗り始めてから

LINEでやり取りする際に自分の名前を名乗るようになってからは、「前川さん」と話しかけてくださる方も増えています。
今日お会いした方のように、密にやり取りした方とはできる限り実際に会ってお話ししてみたいと思う気持ちが強くなりました。

会うだけに限定せずお電話でお話しするとか、どういう方と自分はやり取りしているか、を知ることが大事。知らないと相手の立場に立ってお返事ができないなと改めて実感したので、お客様との接触機会を増やしていきたいです。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。