「前川と一緒に物件探し!」本番に向けて

社内で事前テスト

社内でZoom(テレビ電話アプリ)での物件提案のテストを行いました。

その社内テストを行うために、自分で準備したこと。

  • スマホのログイン方法がややこしく、ネットで説明方法の検索
  • 画面共有の方法の検索
  • PCの画面共有方法を調べる
  • 自分のPCとスマホで試しにつなぐ 

実際テストをして、もっと自分でテストをしておく必要があったと反省。テストは本番を想定してする必要があります。今日社内テストをしたことで、改めて自分の詰めの甘さがよくわかりました。

弊社代表の鈴木とテストを行い、本番に向けて準備が足りていない箇所が明確に。

お客様と近日中にZoom(テレビ電話アプリ)で物件提案を行う予定なので、それまでの間に準備をしっかり行います。

本番までに準備しておくこと

私が準備すべきことは、下記の7点です。

  1. 物件提案の本題に入るまでに、聞いた方がいいことを考える
  2. お客様が普段物件探しをしていて疑問に思う点を予想する
  3. その疑問点の解消法を事前に考えておく
  4. 画面共有した際に、スマホ画面で少しでも見やすくする方法を考える
  5. PCとスマホを繋ぐので、少しタイムラグが発生するため、ラグを意識した話し方
  6. 操作方法を完璧にする
  7. 物件探しの終わり方を決める

こちらからZoom(テレビ電話アプリ)での物件探しを提案しておいて、準備不足な状態では良くないですよね。せっかくテレビ電話でお話しできるので、満足していただけるように上記7点をしっかり準備します。

本番の数をこなして慣れていくのではなく、テスト段階で回数を重ねるように。新しいことをするときは、これを意識して、準備に力を注ぎたいと思います。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。