電話ではなくZoomで物件提案する意味

Zoomをこの日のためにダウンロードしていただきました

先週に引き続き本日もZoomで物件ご提案を行いました。先週ご提案した方も本日お話しした方も20代女性。
本日ご予約いただいた方は、Zoomというのは聞いたことがあるけど使ったことがないとのことでした。

アプリでの通話開始方法を、スマホの画面スクショで作成し事前にお送りしていたのですが、今回その通りに進めてなんとか通話に参加できましたと言っていただけたので、作成した甲斐がありました。
普段使っていないアプリをわざわざダウンロードするというハードルを乗り越えて予約してくださるのは非常に嬉しいです。

画面越しでも顔を見て話す安心感がある

わざわざZoomを使わなくても、電話で物件のご紹介などもちろん可能です。弊社がZoomを推している理由は画面共有の機能があったり、お互い顔を見て話せるからです。

今日もポータルサイトをお客様と一緒に画面共有して見ていたのですが、こちらの画面をお客様側に表示した際に、「すごい!」と感動していただけました。
また、画面越しであっても顔を合わせて30分ほどお話しすれば距離はかなり近づきます(私だけが思っているかもしれませんが)。

LINEで文字だけで伝えるとすこし冷たく感じてしまうようなことも、顔を見てご説明することでご理解いただけるケースもあります。
お客様に寄り添ったお問い合わせ返信ができるように、Zoomのご提案も並行してPRしていきたいと思います。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。