動画編集作業の短縮化に兆しが見え始めました

コツを掴んできている

字幕をつける編集を本格的に始めてから1ヶ月ほど経過。やっと自分の中で「こう進めたら効率よく作業を進められる」というのがわかり始めました。

弊社のYouTubeはこだわった編集などは全くしておらず、THEシンプル・最低限の編集しかしていないのですが、これだけでこんなに編集に時間がかかってしまうとは。YouTuberは本当にすごいなとつくづく思います。


今日は5本分の字幕をつけることができました。目標としていた本数の編集分が完成したので、今日もやり切った!と達成感を得ています。

発注にも慣れつつあります

数回、数名の方に文字起こしの発注依頼をしたことで、納品してもらったときにどのような状態だったら自分が編集しやすいのかということが固まりつつあります。

最初は「もっとこう伝えていたらよかった」と思うことだらけだったのですが、先日ご依頼したものは自分の思っていた通りに納品していただけたので、編集効率があがっているような気がします(もちろん作業していた方のスキルが凄かったのが前提にあります)。
ただ作業をするのではなく、どうやったらこの作業を短縮していけるのか、というのをしっかり考えつつ作業を行っていきます。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。