理想としていた働き方が実現した

大きく変わった働き方

転職するときに色んな人に心配されました。「不動産会社行くん?大丈夫なん?」って。不動産業界に関わるat homeで働いていたので、しんどそうなイメージを私自身も正直持っていました。けど、株式会社グラウンドに入社を決めたときは何のためらいもなかったです。どちらかというと転職自体にためらいはあったかも。

転職を決意した理由は

  • 将来的に営業を続けることはしんどい
  • 自分はコレが得意ですと言えるスキルを磨きたい
  • 30歳手前というタイミング

これです。

特に2つ目の理由が大きかったです。営業以外にできることのない自分に不安を感じていました。ずっとWEB系に興味があって、そもそもWEBのことをもっと勉強したいと思うきっかけになったのは、鈴木社長の影響を受けています。

いきなりWEB業界に飛び込むなんてできないし、少し知っている業界で学べるなんて、こんなタイミング今しかない。と意外とあっさり転職の決断ができました。

20代で決断できてよかったです。何歳でも転職はできるけど、決断ができなくなっていたかもしれないので。(大きい組織の安定を優先してしまっていたかもしれません。)

組織のルール化された働き方から、少人数で柔軟な働き方へ。最初こそとまどいまくっていましたが、すっかり今の状況に馴染んで普通の働き方ができなくなりつつある気がしています。

グラウンドでの働き方

前の会社(ごく普通の会社)と違うところを挙げてみます。

  • 働く場所は自由でいい(チャットでやり取りできる場所なら)
  • 働く時間も自由
  • 仕事中に音楽がかかっている
  • フリードリンク
  • 仕事で必要なものは会社で買ってもらえる(なんとセミナーも)

場所も時間も自由で、好きな音楽を聴いてテンション上げながら、美味しい紅茶を飲んで、このセミナー有料ですが参加させて下さいってお願いできる会社が実在するなんて。これだけ環境が整っていると、常に楽しく働けて、会社に行くの嫌なんて思う要素がない。(今のところ)

ずっと同じ場所でしんどいなと思えば、グランフロントまで散歩に行くも良し。一番に出社したから大好きなPerfumeのプレイリストかけようとか。(最初に来た人が自由に決めれます。)ちょっと高めの紅茶やコーヒーが届いて、皆でやったーと喜びながら飲んだり。

一番嬉しいのはセミナーにたくさん参加させてもらっていることです。(先月は東京にも行かせてもらいました。)私が学びたいと思っていることを、会社で学ばせてもらえる。こんな恵まれた環境ないと思います。本当に有難い環境にいてるので、もっと努力して頑張るぞとやる気漲ってます。(でも早く帰らないといけないんです。鈴木社長にはめっちゃ言われてます。)

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。