少し前進した(と思う)「不動産動画マーケ」撮影

知人にヒアリング

4回目の撮影チャレンジしました。弊社代表の鈴木に聞きたい、動画についてのテーマを8つ準備しました。4テーマは、不動作会社が運営しているチャンネルを見て、私が考えたもの。残りは、前職の同僚で、現在新しい不動産サービスを展開している方に、動画についてヒアリングした内容です。

今まで、私はYouTube作成についてのテーマばかり考えていました。ヒアリングさせてもらい、「HPでサービスを紹介する動画」などのように、普段の業務で使う動画についても「不動産動画マーケ」チャンネルでも使えると新しい発見がありました。

その方以外にも何名かにヒアリングしましたが、「そもそもYouTubeに馴染みがなく、YouTuberの動画とか見ようと思ったことがない。」なんて人も多く驚きました。年齢は20~30代です。私自身、テレビを見る機会は少なくYouTubeばかり見て過ごしているので、見ないという発想が全くなかったんです。

これに気づけたおかげで、「不動産動画マーケ」の企画の幅が広がった気がしました。

出来ることはどんどん試したい

上記の2つに気付けたことで、前の撮影の時よりも前進したと思いました(私だけが思っているかも)。今日撮影して話した内容は、終わった後に面白かったなと感じたことが大きいです。

いつも弊社代表の鈴木から、「自分で見ておもしろくなかったら、誰がみてもおもしろくない」と教えていただいています。なので以前に撮影した少し自信のない動画と、今回の動画を知人に送って感想を求めるテストをしたら、今回の方が面白いと返ってくるはず。家族・友人には送るので、感想よろしくお願いします。

弊社代表の鈴木に質問するスタイルで撮影しているのですが、これ以外にも模索して展開していきたいと考えています。やってみたいと思ったことはすぐに試す。

このご時世で少しお問い合わせなどが落ち着いている今こそ、動画配信などに力を入れる時期かなと自分で思っているので、出来る範囲内で試せることは率先してやっていきたいです。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。