YouTubeライブ配信で改善すべきこと

カメラの配置と時間の変更

4回目を迎えた「ゼロ仲介チャンネル」のライブ配信。見ていただいた方、ありがとうございました!配信中にコメントもたくさんいただき、やり取りできるのがライブ配信の楽しいところ。Twitterでいつもコメントやいいねを下さるマルワ企画さん(@maruwakikaku)やアキユさん(@akmima7)、サイト制作でお世話になっている石田さん(@dk45blog)が、配信中にコメントをくださって嬉しかったです。

今日は前回終了時に前川の日報に書いていたとおりに、カメラの位置と配信時間の変更を行いました。室田さん、田中さんは普段通りの座席です。結果、会社事務所を大公開することに。

配信時間は、今回は19時に設定。様々な時間でライブ配信を試して、見ていただいている人数の多い時間帯を割り出したいと考えています。が、終わったあとの自分の感覚としては19時ではないのかもしれない、というのが率直な感想です。

自分で色んな時間での配信を試すこともしますが、もっと書籍や、それこそYouTubeに投稿されている動画でライブ配信に向いている時間などをもっと勉強する必要がある。YouTubeは準備すべきことがたくさんあるということを、最近新しいYouTubeチャンネルの運用でも学んでいます。

ライブ配信中に話す内容だけでなく、事前にもっと準備できるところは、とことん突き詰めて用意する。これが私に足りていないところです。

▶今日のライブ配信はこちら

来週に向けて準備すること

  • 配信内容(質問を募集する以外にできることはあるのかをもっと考える)
  • 引き続き進行役としての進め方の研究
  • 配信前の雰囲気づくり(リラックスしたままできるように)

①、②に関しては、自分がまだまだYouTubeを研究しきれていない、他のYouTuberを見ている動画の数が少なすぎるというところが反省点。進行役の受け答えの仕方や、うなづき方、声の音量、話始めるタイミングを邪魔しないなど。特に自分が改善すべき点はこの辺りだと考えています。ライブ配信だけでなく、新しいYouTubeチャンネル「不動産動画マーケ」でも当てはまることです。改善できるように努力します。

③今日はライブ配信が始まるギリギリまで仕事するという雰囲気を私が作ってしまいました。結果、ライブ配信の目的である「普段どおりの会社を見せる」ということがあまり出来なかった。これ以外にも達成できなかった原因はありますが、一番の要因はここにあると思います。せっかく「楽しみにしています」と見ていただいている方もいらっしゃるので、期待に応えられるように準備を徹底します。

今日の動画はこちら

これからの時代不動産業界でも必要になる動画活用について(動画時間:4分5秒)

会社紹介・スタッフ紹介ページを動画にすることで信頼度がアップ。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。