#NEWWORLD2020 での松尾さんのお話が弊社の取り組みとリンクしていた

これからのコンテンツの変化について

株式会社ホットリンク主催の#NEWWORLD2020 セミナーに参加しました。その中で株式会社ウェブライダーの松尾さん(@seokyoto)がコンテンツについて話されていたことが印象的でした。

特に印象に残っている内容を書き出しました。

今後はWebでリアルを補う必要がでてくる。コンテンツはすでにWeb上にたくさんあって、「わかりやすい」だけでは意味がない。いかに覚えてもらえるか、記憶に残るかが大事。この「覚えてもらう」ということは非常に難しい。

覚えてもらうために接触機会を増やすことが必要になるので、SNSの利用も必要。どれを見ても、弊社のコンテンツにたどり着く、という状況を作り出す。ただ、SNS展開するだけでは意味がなくて、ハズレがないと思ってもらうことが重要。この会社になら任せても大丈夫だと思ってもらえるように。

オンラインでは、より信用性が大事になるため、プロセスの見える化が大事になっていく。会議をそのままライブで配信するなどのようにプロセスを見せて受注に繋がったという事例もある。

上記の内容は、今日の松尾さんのセミナーで聞いたことなのですが、聞いていて私は驚きを隠せずにいました。なぜなら、いま聞いていることは既に自社で実践していたからです。

弊社代表の鈴木が4年前からやっていること

弊社では、

  • ブログ
  • YouTubeチャンネル
  • SNS

の運用を行なっています。

弊社代表の鈴木(@kojisuzuki77)が4年前から書いている「かうまえブログ」は、話し口調のまま書くことを意識しており、さらに顔出しもしています。知ってる人なら、弊社代表の鈴木が書いているということがわかるくらい、そのまんまです。「どんな人が書いているのか」がすごく伝わる内容なので、信用性は高いと思います。ちなみに外部ライターではなく、鈴木がすべての記事を書いています。

あと私が毎日書いている「前川の日報」。これは私から見た弊社の日々の業務報告を書いています。最近では、お客様とお会いしたときに「日報見てます」とお声掛けいただいたことも何度かありました(嬉しい)。

YouTubeチャンネル「ゼロ仲介チャンネル」では「週刊ゼロ仲介」という、不動産会社の1週間の出来事をただただ振り返って話す、というシリーズがあります。これは半年前からシリーズ化され、1ヶ月ほど前からはライブ配信に切り替えています。

この日常を配信する目的は「普段どおりの株式会社グラウンドをいかに見せられるか」です。ライブ配信では、見てくださっている方とのコミュニケーションを大事にしています。事前にいただいている質問へ回答したり、Live配信中のコメントに返答したりです。

SNSでの発信を頻繁に行なっていますが、投稿する内容は物件紹介などではありません(弊社は不動産会社です)。

  • Twitter → お客様を物件ご案内した報告や、ご契約の報告などを写真・動画付きで投稿
  • Instagram → お客様と田中さんが一緒に写っている契約時の写真のみの投稿

これら全ては「プロセスの見える化」というところに当てはまっています。

セミナーを聞きながらドキドキしました。ウェブライダーの松尾さんがおっしゃっていることを、弊社はかなり前から取り入れて実行している。すごい会社に私はいるのかもしれないと、そんな気持ちになりました。

お客様に覚えてもらうことは本当に難しいと日々感じていますが、ライブ配信をすると「いつも見てます」「たのしみにしてます」とコメントをもらえたり、「前川さん頑張ってください」と応援してもらえたり。めちゃくちゃレアな経験をしているんだなと感動しました。

変化に強い会社にしたくて(弊社の取り組み)」という記事を弊社代表の鈴木が書いていますが、まさにこの状況が明けたとき起こる変化に対応できるコンテンツづくりがされていて、驚きが隠せません。

セミナー視聴後、田中さんに興奮冷めやらぬまますぐにセミナーの内容を報告。「いつか鈴木さん取材される日くるんちゃう〜?!」と2人で勝手に大盛り上がりしました。

今日松尾さんのお話を聞けて本当に良かったです。これからも「そのままの株式会社グラウンド」を世の中に発信していきたいと思います。

今日の動画はこちら

【経験談】不動産会社の動画は編集より内容が大事(動画時間:5分3秒)

ゼロ仲介チャンネルの動画は1時間で完成です。

この記事を書いた人