YouTubeの動画をアップするまでの仕組みづくり

作業を紙に書き出す

3つのYouTubeチャンネルの更新が定期的にできるように仕組み化できないか考えています。それに向けて、動画をアップするまでの工程を、細かく細かく分解して書き出す作業を行いました。

最近はPCとにらめっこする生活をしているので、久しぶりにこんなに文字を書いたかもしれません(右手筋肉痛の予感)。「不動産動画マーケ」チャンネルを一から立ち上げたおかげで、必要作業がわかっている分スムーズに書き出せた気がします。作業を細かく分解しきったら、次はマインドマップを利用して作業フローを整理したいです。

YouTubeの作業数は盛りだくさん

YouTubeに動画をアップするというと、撮影して動画の編集をしてYouTubeに投稿するという単純な流れなように思いますが、分解してみると結構な作業の多さでした。

この作業量でも弊社代表の鈴木(@kojisuzuki77)が、「不動産動画マーケ」チャンネルでもよく言っている「淡々と作業ができるように」するために、仕組み化をします。

この仕組み化のためにLancersを使って、動画の会話の文字起こしの仕事を発注しました。1本300円で作業依頼をした結果、20件以上の提案がきたので、お断りするか依頼するかの振り分けも行っています(こんなに提案がくるとは)。無事に良さそうな方が何名かいらっしゃったので、現在交渉中。納品が楽しみです。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。