引継ぎ作業のペースアップが必要かもしれません

Zoomミーティングにバイトの方も一緒に参加

仕事の外注依頼をしている方と毎週月曜日にZoomで定期ミーティングを行っています。
私が日々行っている作業をすべて引き継ぐので、もちろん私が産休に入った後このミーティングに参加するのはバイトの方となります。
早めにZoomに慣れておいた方がいいし、話しやすい関係ができあがった状態で引き継ぎたかったので早速今日から一緒に参加してもらうことにしました。

私は自分ですべての作業を一通り自分で試した状態で仕事の発注をしているので依頼や確認がスムーズにできますが、バイトの方は経験せずに依頼や修正のお願いをすることになります。
今までの経験上、自分で理解できない仕事は人にうまく伝えることができないし、どこが間違っているかも気付くことができません。そのため、バイトの方にも一通りは作業をこなしてもらわないといけないなぁと気付くことができました。

初のZoom打ち合わせに緊張の様子

バイトの方はZoomを使ったことがなかったようで、非常に緊張しておりました。
これからはZoomをめちゃくちゃ使うことになると思うので、Zoom慣れしてもらう必要があります(お客様と話すこともあるかも)。

私とバイトの方でZoomをつないで練習した方がいいかもしれません。私も最初は練習で、色んな方とZoomで話したことを思い出しました。

日々課題が見えてくるので、あと1ヶ月で間に合うかどうか…とすこし不安はありますが、予定をうまく組み立てて引継ぎ作業を完了させたいと思います。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。