写真・動画のチェック作業は思った以上に時間が必要だった

横浜市のマンション売却依頼をいただきました

ついに、売る仲介で関東圏のマンションの売却依頼をいただくこととなりました。
2020年で売却依頼を受けた6件目のマンションがまさか横浜市になるとは思いもしてませんでした。

関東だからといって、やることは変わりません。
レインズ掲載までにシステム設定を完了し、不動産仲介会社さんに使っていただく素材を準備し、うまくシステムが動くことをひたすらに祈る。最初動き出すまでは不安と緊張してなんにも手がつきません。まじで。
近日中にはレインズで物件情報を公開しますので、関東の不動産会社のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

榎本さん、初の売る仲介用マンション写真撮影

榎本さん(@kanakoenomoto25)がマンションの写真と動画の撮影をしてきてくださいました。
初めて撮影するとき「一発勝負」ということでかなり緊張したのですが、榎本さんも同じ気持ちで撮影してきてくださったようです。
今回、お写真350枚、動画150本撮影してくださいました(すごい!)。これだけたくさん素材があると動画作成にも力が入ります。

ただ、ダウンロードに時間がかかったのと、iPhone独自のファイル形式をWindows対応に変換する作業で時間を使ってしまい、今日中に修正作業まで進めることができず。Googleフォトにアップすればいいと気付くのに時間がかかってしまいました…。
チェックする側の立場になると、自分が撮影したものを編集するよりも何倍も時間がかかることを全く予測できていなかったことが今回の反省点です。
はやくレインズに掲載するために、明日必ず作業を終わらせるぞという強い気持ちでがんばります。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。