20代最後に「必死に働く」を経験できた

走り続けた1年間

2019年12月1日から株式会社グラウンドの一員として入社しました。あれから1年。もう1年経ったの?と驚きを隠せません。
そこそこ大きい会社(athome)から社員3人の不動産会社に転職するということで、すこし勇気がいりました。が、この決断は間違っていなかったです。
「WEBマーケティングに興味がある」という話を弊社代表の鈴木(@kojisuzuki77)が覚えてくださっており、誘っていただきました。
この1年たくさん勉強の機会を与えていただいて、結果マーケッターとしてのセンスはなさそうですが、自分に向いている(かもしれない)ことを見つけることができたので、本当に感謝しています。
WEBマーケティングとか言ってますが、一応弊社不動産会社です。

挫けそうな時もありました

やりたいことができて毎日楽しい1年でした!とハッピーなことばかりではありませんでした。
想像以上に毎日やることは多いし、タスクに埋もれる日々。
思っているように仕事をこなせず、自分には向いていないんじゃないかと泣きながら1人で事務所で作業することも(笑)。

ただ、困難にぶち当たる度に、解決する仕組みを考え、静かに見守ってくださった社員の皆様のおかげで、今ではいくつかのタスクを並行して進められる程度には成長できました(と自分で思っているだけかも)。
入社して1年経って、1年産休に入るので、また復帰したときには抜けているところを埋めるために必死にがんばることになると思います。それくらい日々変化している株式会社グラウンド。必要とされる社員となるように私も努力し続けます。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。