会社までのアクセス動画をiPhone×ジンバルで撮影

2つの組み合わせで手ブレはほぼゼロへ

1年4ヶ月休んでいる間に会社のある「北浜・中之島エリア」はかなり変化しています。以前に撮影したアクセス動画とは景色が違いすぎるので新たに撮りなおすことにしました。
アクセス動画の撮影といえば必須機材のジンバル登場。ジンバルは設置したスマホを水平に保ちながら撮影できる機械です(進化版自撮り棒って感じ)。

最初起動してすぐに暴れ出すジンバル。。ボタンを長押ししすぎると怒り出すことをすっかり忘れてた。事務所で使い方をゆっくり思い出してから撮影に出発。
不自然さをなくしたジンバル歩きは身体に染みついていて自分でもびっくり(笑)。最新のiPhoneは手ブレを抑える機能がついていますが、ジンバルを使うことによって手ブレがほぼゼロに。仕事でジンバルを使い出すとプライベートでもほしくなる(あるある)。
アクセス動画は思っていたよりも上手く撮影できたものの改善の余地ありです。

アクセス動画はサクッとつくれます

だらだら引き延ばすのもあれなので1週間ほどで完成させましょう、と弊社代表の鈴木(@kojisuzuki77)と約束したのでなんとしてでも来週中には完成形をつくります。

  • 駅の出口をわかりやすく記載する
  • 曲がる方向を表示する
  • 土日のオートロック呼び出しについても動画内に記載する
  • 動画の時間を1分に抑える 

上記の4つを改善すればOKをもらえるはず。

ジンバル以外はiPhone12ProとiPhoneのアプリ「VLLO」を使用。
作成所要時間は会社~駅までの往復時間と動画編集の15分程度なので、めちゃくちゃ簡単につくれます。手軽に動画をつくれる世の中になっているのでどんどん取り入れていきたいです。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。