LINEでのお問い合わせ返信に正解なんてない

30分ほどミーティング

今日はゼロ仲介のお客様とのLINEのやり取りについて弊社代表の鈴木(@kojisuzki77)とミーティングを行いました。
現在のゼロ仲介のLINEのお問い合わせの流れは弊社代表の鈴木がお客様とやり取りしていた頃に「こうするのが1番お客様にとって良い」と考えて出来たものです。私はその流れに沿ってやり取りを行っている状態です。

かなりの数のお客様とやり取りをしてきたので、「自分でより良い返信内容・方法を考えてみてください」という内容のミーティング。
月曜日までの宿題です。3日間みっちりノートに思うことをノートに書き出してみます。

自分で考えるのが大事

弊社代表の鈴木の言うことは正解に聞こえます。でもしょっちゅう、「僕(鈴木社長)がやってることが全て、正解ではないですよ」って言われていて、今日も何度も言われました。
自分で考える → 行動する → うまくいった → これが正解。

答えがあるものももちろんありますが、お客様とのやり取りだったり、SNSの投稿の仕方に正解はない。
自分でどうしたいか考えてそれを行動に移す。それがダメだったらもう1回考えて修正すればいいし、うまくいけばそれが当たりだったという感じ。

これは入社したときから何度も何度も言っていただいていることですが、未だに正解を求めてしまう。それは自分で考えて行動に移すということができていないからだと思います。
とはいえ、2年前より「正解はない」という意味はわかるようになってきました(つもり)。

お客様にもやり取りしやすいLINEだと思ってもらいたいので、『前川の思う最高の流れ』考えます。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。