調べても答えがないことを考える難しさ

土日にめちゃくちゃ考えた宿題

休み前に弊社代表の鈴木(@kojisuzuki77)から考えておいてほしいことが3つあります、と宿題をもらいました。

・業務サポートとは結局何をするのか
・自分が一番仕事が楽になるにはどうすればいいのか
・自分の時間を空けるとどうなるのか

最初このお題を聞いた時は、「答え出せるかな…」と不安だったのですが、いつも通りノートに一通り思いついたことを書き出してからまとめることに。なんとか自分なりの答えを出しました。

しっくりきた

そして今日のランチ時間に考えたことのすり合わせを行い、まず私の考えたことを聞いていただいたのですが弊社代表の鈴木とは全く異なる解答でした。

今日のすり合わせのおかげで、最近全くできていなかった仕事優先順位のつけ方が明確になり、省くべき工程も見えてきました。
自分で考えて出した答えも無駄ではなく、自分の仕事を見つめなおすきっかけに。

会社員として働いていると普通はなかなか自分で考えて答えを出すという場面はないと思います。
(株)グラウンドに入社してから調べても答えがないことを考えて答えを出すというのがいっぱいで最初はしんどいこともありましたが、2年経ってやっと答えがないことを考えるしんどさがなくなってきました。
少しずつ成長できている気がします(たぶん)。

この記事を書いた人

前川 敦未

不動産情報サイト、at homeから2019年12月にグラウンドへ転職。
グラウンドでは展開しているサービスの広報的な役割を担っています。

ゼロ仲介Twitter・ゼロ仲介Instagram・ゼロ仲介Googleマイビジネスの中の人です。