わらしべ長者的な感覚です

広報の永井さんとオンラインミーティング

15時から弊社広報の永井さん(@nagaichan1031)とオンラインミーティングでした。12月に不動産業界紙に全4回の寄稿をしたコラムに、継続依頼をいただけたのでその打ち合わせです。

なかなかの長期で掲載本数も多めになるかもしれません。まさかの展開。全4回から始まって、今回の長期寄稿(たぶん)。わらしべ長者感がある感じがたまりません。広報活動ってこういう感じなのかもしれない(たぶん)たくらんでいるゴールへ1歩進んだ感じがしています。ありがとう、永井さん。

おもしろいことが起こりますように

寄稿は報酬なしという場合も多いみたいですが、今回は報酬があります(前回もありました)。おもしろいな、と思ったのは報酬が金銭ではなくて紙面の一部だということ。つまり、好きな広告が出せるかもしれないのです。

寄稿するコラムのテーマと、報酬として利用させていただける(だろう)広告紙面の活用法を永井さんに相談したらおもしろがってもらえたので、めちゃいい気分でミーティングが終了。たぶんそのまま採用されるはず。
おもしろいことが起こりますように。

この記事を書いた人

鈴木 宏治

株式会社グラウンド代表取締役。ゼロ仲介 / ゼロ仲介チャンネル / ゼロ仲介のかうまえブログ / 売る仲介 / 売る仲介チャンネルとかやってます。漫才とHIPHOPとうどんが好きです。